ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2023/02/05


 最近、体調がくずれやすい、元気が出ない……といった状態が続いているようでしたら、身体の酸性化について注意してみましょう。健康を取り戻すヒントをまとめました。

 人間の身体は概ね60%が水分でできていて、その体液は常にpH7.4ほどの弱アルカリ性に保たれています。弱アルカリ性の状態が健康を支えているといわれています。ただ、過度なストレス状態が続いたり、酸性食品を食べ過ぎたりすると、体内はわずかに酸性へ傾いてしまいます。

 身体が酸性になり、尿のpHが酸性に傾いている状態をアシドーシスといいます。この状態では、腎臓や肺が身体を弱アルカリ性に戻そうと、不要なものを体外へと排出します。

 ただし、不要な物質が過剰になると身体は酸性化し、常に腎臓と肺に大きな負担をかけている状態になります。

 すると、免疫力が低下して、疲労感や脱力感、記憶障害、便秘といった身体の不調を感じやすくなります。進行するとアレルギーや生活習慣病など、さまざまな病気を引き起こすことになります。

 身体が酸性化する主な原因は、食生活の偏りだといわれています。食べ物にも酸性とアルカリ性の食品があり、酸性食品を食べ過ぎてしまうと、身体は酸性化しやすくなります。

酸性食品とは?
 主な酸性食品とは、肉類、魚介類、卵、穀物、砂糖、コーヒーなど。高脂肪で高カロリーの食品が身体を酸性へ傾けてしまいます。
アルカリ性食品とは?
 主なアルカリ性食品とは、大豆製品、野菜、果物、海藻、キノコ類、梅干し、緑茶など。ヘルシーで食物繊維たっぷりの食品が身体をアルカリ性に保ってくれます。

 アルカリ性食品を60%、酸性食品を40%摂るのが、理想的な食事のバランスだといわれています。酸性に偏るとビタミンB群が吸収しにくくなる、ミネラルバランスがくずれやすくなる、といった状態に。肉食に偏りがちな方は、野菜や果物の割合を増やすようにしてみましょう。また、重曹水(水に重曹を溶かしたもの)も、身体の酸を中和させる働きがあるといわれています。

 食事のほか、過剰な飲酒や喫煙、睡眠不足なども、身体を酸性化するといわれています。体調がすぐれない時は、常に身体を弱アルカリ性に保つ生活を心がけてみましょう。

 自分の身体がアルカリ性か酸性か、どちらに傾いているのかを日々意識するだけで、体調が良くなることを実感できるはずです。不調を感じたら、アルカリ性食品を増やし、健康な状態を保ちましょう。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


お問合せ
並里真奈生税理士事務所
〒900-0004
沖縄県那覇市銘苅2丁目4番51号
ジェイ・ツービル203号室
TEL:098-869-0059
FAX:098-869-0061